産経WEST

飲酒運転発覚免れようと逃走 46歳男を送検、大阪府警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


飲酒運転発覚免れようと逃走 46歳男を送検、大阪府警

 飲酒運転の発覚を免れようと逃走したとして、大阪府警岸和田署は14日、自動車運転処罰法違反容疑(過失致傷)などで逮捕していた同府岸和田市内の会社員の男(46)について、同法違反(過失致傷・発覚免脱)容疑に切り替えて送検した。

 送検容疑は6月24日午後11時40分ごろ、同市上野町東の市道で、酒を飲んで乗用車を運転し、歩いていた男性(69)と女性(63)に衝突。軽傷を負わせたにもかかわらず、飲酒運転の発覚を免れるため逃走したとしている。

 同署によると、男はビールや焼酎を飲んだ帰りで、ナンバーの目撃情報から関与が浮上。翌25日朝に同署へ出頭したが、まだアルコールが残っていたという。

「産経WEST」のランキング