産経WEST

【経済裏読み】どうした!?韓国航空業界 エコノミー客相手に空港ラウンジ不法営業 大韓航空はナッツ姫パパの自宅工事不正疑惑で家宅捜索

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
どうした!?韓国航空業界 エコノミー客相手に空港ラウンジ不法営業 大韓航空はナッツ姫パパの自宅工事不正疑惑で家宅捜索

 趙会長といえば、米ニューヨークの空港で2014年12月、自社の乗務員のナッツの出し方に激怒して飛行機を引き返させ、「ナッツ姫」などとメディアから批判された趙顕娥(チョ・ヒョンア)副社長=当時=の父親だ。元副社長の行動は強い反発を招き、趙会長の記者会見で謝罪し、「娘の教育を大きく間違えた」とも認めていた。

 「ナッツリターン」がけがの功名なるか

 航空運輸という本業に影響を及ぼしかねないトラブルが続けば、空の安全への信頼も揺らぐのではないだろうか。

 現に近頃、韓国の航空会社の事故や運航トラブルが目立つ。日本国内でも6月9日、福岡空港に着陸前の大韓航空機の操縦室内から煙が出た。昨年5月には、東京・羽田空港を離陸しようとした大韓航空機から出火し、乗客乗員319人全員が緊急脱出する事故が起きた。また、一昨年4月にはアシアナ機が広島空港で着陸失敗事故を起こしている。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング