産経WEST

【経済裏読み】どうした!?韓国航空業界 エコノミー客相手に空港ラウンジ不法営業 大韓航空はナッツ姫パパの自宅工事不正疑惑で家宅捜索

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
どうした!?韓国航空業界 エコノミー客相手に空港ラウンジ不法営業 大韓航空はナッツ姫パパの自宅工事不正疑惑で家宅捜索

 事故やトラブルが続き安全面への懸念が指摘される韓国航空業界だが、今度は空港ラウンジの運営をめぐるモラルの欠如が浮かび上がった。大韓航空とアシアナ航空がファースト・ビジネスクラスの乗客に限り利用可能な仁川(インチョン)国際空港のラウンジでエコノミークラスの客から料金を受けて軽食や酒を販売するなどの不法営業を行い、過去10年で数百億ウォンもの売り上げを出していたという。つまり二大航空会社が、飲食店に認可されていないラウンジで事実上、飲食店営業をしてきたわけだ。大韓をめぐっては今月、会長の自宅工事に関連した不正疑惑に絡み、警察が本社を家宅捜索。韓国エアラインは一体どこに向かっているのだろう。

 エコノミー客も金払えば“ビジネス”客扱い

 韓国紙、中央日報(日本語電子版)によれば、大韓航空とアシアナ航空の韓国二大航空会社が自社旅客機のファーストクラスとビジネスクラスの乗客のみ利用できる仁川国際空港のラウンジで、エコノミークラスの乗客からも料金を受けて軽食や酒を販売するなどの不法営業が行われ、過去10年間に数百億ウォンもの売り上げを出していたことが明らかになったという。仁川空港警察隊は両社の役員を呼んで取り調べ、送検したとしている。 

 今回の摘発は、同空港内の飲食店と中小有料ラウンジ運営会社が当局に問題を訴えたことがきっかけになったとみられる。中央日報の取材に対し、仁川空港公社の関係者も「一部の航空会社が現金を受けて営業したことで客を奪われた中小ラウンジ運営会社と飲食店が警察に申告したと聞いている」と話している。

娘のナッツ姫の「教育を間違えた…」父は自宅改修費でも不正が…

関連トピックス

「産経WEST」のランキング