産経WEST

【関西の議論】ガラス張りルームで“ワンマンショー”…進化する「カラオケ」…フィットネスと健康増進への活用も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
ガラス張りルームで“ワンマンショー”…進化する「カラオケ」…フィットネスと健康増進への活用も

ジャンカラ河原町本店に設けられた「スケルトンルーム」=京都市中京区 ジャンカラ河原町本店に設けられた「スケルトンルーム」=京都市中京区

 カラオケボックス「ジャンボカラオケ広場(ジャンカラ)」を運営する「東愛産業」(京都市中京区)は今年5月、「ジャンカラ河原町本店」(同区)の1階エントランスに「スケルトンルーム」を設置した。ガラス張りの部屋で、歌っている姿を通行人に見せることができるのが特徴だ。この部屋は1曲ごとの交代制で無料で利用でき、部屋の外に音響が流れない設定にすることも可能だ。

 また、平成27年12月には、スポーツクライミングができる人工壁(高さ約2.5メートル、幅約5メートル)を施した部屋を設けている。

 壁には「ホールド」と呼ばれるカラフルな突起物があり、床には落下時の衝撃をやわらげるマットが敷かれている。もちろん、危険防止のために、この部屋の利用者に対してはアルコール類の提供はNGだ。難易度に応じてコースが選べ、適度な全身運動ができるとあって、男性だけでなく女性の挑戦も多いという。「カラオケばかりでは子供たちが飽きる」との理由で、家族連れの間でも好評だ。

 東愛産業営業企画課の松尾浩さん(36)は「カラオケ業界では他店との差別化を図る動きがあり、新しいカラオケのスタイルが登場するなど、カラオケの楽しみ方が多様化している」と話している。

このニュースの写真

  • ガラス張りルームで“ワンマンショー”…進化する「カラオケ」…フィットネスと健康増進への活用も
  • ガラス張りルームで“ワンマンショー”…進化する「カラオケ」…フィットネスと健康増進への活用も
  • ガラス張りルームで“ワンマンショー”…進化する「カラオケ」…フィットネスと健康増進への活用も
  • ガラス張りルームで“ワンマンショー”…進化する「カラオケ」…フィットネスと健康増進への活用も
  • ガラス張りルームで“ワンマンショー”…進化する「カラオケ」…フィットネスと健康増進への活用も
  • ガラス張りルームで“ワンマンショー”…進化する「カラオケ」…フィットネスと健康増進への活用も
  • ガラス張りルームで“ワンマンショー”…進化する「カラオケ」…フィットネスと健康増進への活用も
  • ガラス張りルームで“ワンマンショー”…進化する「カラオケ」…フィットネスと健康増進への活用も

「産経WEST」のランキング