産経WEST

【ビジネスの裏側】百花繚乱のチューハイ メーカー、居酒屋の主力に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
百花繚乱のチューハイ メーカー、居酒屋の主力に

レモンサワーで乾杯する女性客=大阪市福島区の「牛タンベコ串」(奥清博撮影) レモンサワーで乾杯する女性客=大阪市福島区の「牛タンベコ串」(奥清博撮影)

 夏本番を迎え、キンキンに冷えたビールが恋しい季節がやってきた。ところが、最近ではビールが担ってきた乾杯の定番の位置にチューハイが割って入っている。関東発祥とされるチューハイは関西でも人気が高まっており、果実などにこだわったチューハイを提供する飲食店が増加。各メーカーも缶チューハイの商品群拡充を進めている。(藤原直樹)

店もこだわり

 肉料理を充実させた居酒屋「牛タンべこ串」(大阪市福島区)では、レモンチューハイだけで6種類用意する。通常の味に加え、塩味を加えたものや、ハチミツやシソ、ユズなどを追加したものがあり、好みに応じて選ぶことができる。

 店長の吉川貴紀さんは「1杯目からチューハイというのもめずらしくなくなった。チューハイは料理に合わせて味をアレンジしやすく、店にとってもありがたい」と話す。

 牛タンべこ串では平成27年7月のオープン以来、焼酎や果実など材料にもこだわっている。レモンチューハイを飲んでいた大阪市淀川区の小松希美さんは「果実味が豊富なので、アルコールが苦手でも飲みやすい」と笑顔を見せた。

 大阪・北新地や京都・四条河原町でも生搾りの果実にこだわったチューハイ専門店がオープンするなど、チューハイに注力する店が増加している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 百花繚乱のチューハイ メーカー、居酒屋の主力に

「産経WEST」のランキング