産経WEST

大山夏の風物詩「カジカガエル」口笛のような澄んだ美声響く 「フィフィフィー」と雄から雌へラブコール

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大山夏の風物詩「カジカガエル」口笛のような澄んだ美声響く 「フィフィフィー」と雄から雌へラブコール

大山の渓流で美声を披露するカジカガエル=鳥取県大山町 大山の渓流で美声を披露するカジカガエル=鳥取県大山町

 鳥取県の大山(1729メートル)中腹の渓流で、カジカガエルが美声を響かせている。雄から雌へのラブコールで、大山の夏の風物詩だ。

 大山町の渓流では、初夏から盛夏にかけて、小石に陣取ったカジカガエルが、口笛のような澄んだ鳴き声を披露し、登山者を喜ばせている。雄は体長約4センチ、雌は雄の約2倍。

 カジカガエルは、奈良時代の『万葉集』で「佐保川の 清き川原に 鳴く千鳥 かはづと二つ 忘れかねつも」(作者不詳)とも詠まれ、「フィフィフィー」という鳴き声に情感が漂う。佐保川は、奈良の平城京の川で、かはづはカジカガエルとされる。今では珍しくなった光景が、大山ではしばらく楽しめる。

「産経WEST」のランキング