産経WEST

K-1の小宮山工介選手、出火の事故車から負傷者救出 徳島・鳴門市

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


K-1の小宮山工介選手、出火の事故車から負傷者救出 徳島・鳴門市

 12日正午ごろ、徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦の県道で乗用車とトラックが正面衝突し、1人が重傷を負った。仕事の営業中に現場を通りかかったK-1ジム北斗会館(川崎市)の代表で、K-1選手の小宮山工介さん(30)がトラックの窓ガラスを割るなどして救助にあたった。

 徳島県警鳴門署によると、乗用車が燃え始めたため、小宮山さんは乗用車を運転していた車両整備士の男性(25)をひきずり出した。また、トラック助手席の窓を肘で割り、運転していた男性会社員(51)の脱出を助けた。

 乗用車の男性は右脚を骨折し重傷。トラックの男性と乗用車に同乗していた男性、右手を負傷した小宮山さんも搬送されたが、4人とも命に別条はないという。

 K-1の運営会社によると、小宮山さんは、今年は試合に出場していないという。

 現場は片側1車線のカーブ。鳴門署が事故原因を調べている。

▼【関連ニュース】仮面ライダー龍騎そのもの“戦わなければ妻を守れない!” 俳優が盗撮男を取り押さえる

「産経WEST」のランキング