産経WEST

警察は弱腰、対北レーダー燃料切れ…韓国「民間人が国家権力行使」の不思議な国、THAAD問題どう決着

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


警察は弱腰、対北レーダー燃料切れ…韓国「民間人が国家権力行使」の不思議な国、THAAD問題どう決着

6月14日、THAAD反対派が設けた「私設検問所」を撤去するために集まった警察官たち。翌日の撤去行動は抵抗に遭い失敗した(ロイター) 6月14日、THAAD反対派が設けた「私設検問所」を撤去するために集まった警察官たち。翌日の撤去行動は抵抗に遭い失敗した(ロイター)

 当然のことながら米大使館は、公館の威厳を定めるウィーン条約に照らした抗議の書簡を韓国政府に送った。

 朝鮮日報は反THAADデモを批判する社説で「もしワシントンや東京の韓国大使館が米国人あるいは日本人によって包囲されるようなことがあれば、韓国人はそれをどう考えるだろうか」と問題提起した。

 THAADだけでなく、日本大使館、総領事館でもウィーン条約に違反する事態が続いていることを韓国当局には改めて思い出してもらいたい。

このニュースの写真

  • 警察は弱腰、対北レーダー燃料切れ…韓国「民間人が国家権力行使」の不思議な国、THAAD問題どう決着

「産経WEST」のランキング