産経WEST

【ビジネスの裏側】1個100円の攻防 スーパーが腕競う「焼きたてパン」が熱い

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
1個100円の攻防 スーパーが腕競う「焼きたてパン」が熱い

スーパーの店内で提供される、焼きたてパン「阪急ベーカリー香房」=大阪市西淀川区のイズミヤスーパーセンター福町店 スーパーの店内で提供される、焼きたてパン「阪急ベーカリー香房」=大阪市西淀川区のイズミヤスーパーセンター福町店

 100円パンは、イズミヤに加え阪急オアシス、ショッピングセンターなどでパン店を展開する阪急B&Cプランニング(大阪市北区)、一部百貨店の計約180店で扱っている。H2Oと資本業務提携する関西スーパーマーケットでも5月から2店で取り扱いを開始。阪急ベーカリーの工場から焼きたてを輸送する形だが、取り扱いを9月までに23店に増やすという。

 インストアベーカリーの強みは、店舗の立地場所や時間帯で異なる売れ行きをみながら、味や品揃えを柔軟に変えられること。イズミヤの比江嶋担当部長は「まだ道半ば。運営の見直しを続け、支持の高い売り場を作りたい」と話した。各店が競い合うことで安くておいしいパンは増えそうだ。

「産経WEST」のランキング