産経WEST

パナ自動運転車をサイバー攻撃から守る新技術販売へ AIを駆使した防衛対策 2020年にも

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


パナ自動運転車をサイバー攻撃から守る新技術販売へ AIを駆使した防衛対策 2020年にも

パナソニックが事業化する新技術 パナソニックが事業化する新技術

 パナソニックが2020年にも自動運転車をサイバー攻撃から守る新技術を販売することが分かった。自動運転技術は、地図や交通状況などの情報をインターネットを介して取り込むことが想定されており、サイバー攻撃対策が課題となっている。パナソニックは、人工知能(AI)などを活用した防御システムを国内外の自動車メーカー向けに売り出す。

 政府は20年に高速道路で自動車の全ての操作の自動化を目指している。パナソニックは、これに間に合うようにサイバー攻撃を無効化する車載機器と支援システムを開発する。

 自動運転車へのサイバー攻撃はネット接続機能を持つカーナビゲーションなどから侵入し、ハンドルやアクセル、ブレーキなどを制御する「ECU(電子制御ユニット)」を乗っ取ることが想定されている。ECUは、1台につき数十~100程度あるとされる。走行中に、ECUが誤作動を起こせば深刻な事故につながりかねない。

 パナソニックの新技術は、車内に入り込むウイルスなど不正な通信を自動的に検知して遮断する。未知のウイルスが見つかれば、同社が運営するシステムに情報を送信。AIが分析し、防御方法などを車やメーカーに伝える。サイバー犯罪者が車内の仕組みを調べるために侵入するといった「予兆」もつかみ、AIが対策を分析するという。

続きを読む

「産経WEST」のランキング