産経WEST

【九州北部豪雨】「あの時の恩返しがしたい」「息の長い取り組み必要」 熊本地震の被災者や支援団体が復旧作業に汗流す

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【九州北部豪雨】
「あの時の恩返しがしたい」「息の長い取り組み必要」 熊本地震の被災者や支援団体が復旧作業に汗流す

自身も熊本地震で被災し、熊本県西原村からボランティアに参加した坂田純さん(右)=11日午前、福岡県朝倉市(志儀駒貴撮影) 自身も熊本地震で被災し、熊本県西原村からボランティアに参加した坂田純さん(右)=11日午前、福岡県朝倉市(志儀駒貴撮影)

 九州北部を襲った豪雨災害から7日目の11日、被災地には、各地からボランティアが続々と駆け付けた。その中には、昨年4月の熊本地震の被災者や支援団体の姿もある。「恩返しがしたい」「息の長い取り組みが必要」。災害の大きな爪痕が残る福岡県朝倉市で、土砂の撤去などの作業に懸命に取り組んでいる。(井上浩平、北野裕子)

「助け合いの大切さ改めて」

 「熊本地震のとき、たくさんの人が応援に来てくれた。その恩返しをしようと思った」。濁流にのまれ大半の住宅や店舗が浸水した朝倉市比良松(ひらまつ)地区に11日、熊本地震の被災者で熊本県西原村の職員、坂田純さん(20)が駆け付けた。

 熊本地震では坂田さんの家族らに被害はなかったが自宅が倒壊。周囲には命を落とした人も多かった。被災後、ボランティアが住民と一緒にがれきの撤去などを手伝う姿に胸を打たれ、「いつかは自分も他の被災地の力になりたい」と思っていたという。

 福岡、大分両県を襲った豪雨災害の深刻な被害状況を知り、職場に特別休暇を申請。11日早朝、同僚2人と朝倉市入りした。

 市内のボランティアセンターで受け付けをしていると、坂田さんらがかぶっている「西原村」の名前の入った帽子を見かけた他のボランティア希望者から「去年、村の支援に行ったよ」と相次いで声をかけられた。「助け合いの大切さを改めて感じた」

続きを読む

このニュースの写真

  • 「あの時の恩返しがしたい」「息の長い取り組み必要」 熊本地震の被災者や支援団体が復旧作業に汗流す

関連トピックス

「産経WEST」のランキング