産経WEST

カイツブリが浮巣で抱卵 米子水鳥公園

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


カイツブリが浮巣で抱卵 米子水鳥公園

杭の間に造った浮巣で卵を育てているカイツブリ=鳥取県米子市 杭の間に造った浮巣で卵を育てているカイツブリ=鳥取県米子市

 鳥取県米子市の米子水鳥公園で、水鳥「カイツブリ」が、水草で造った浮巣で卵を温めている。湖沼の夏の風物詩で、間もなくかわいらしいひなが誕生する。

 公園では現在、雌雄2組が浮巣で抱卵している。そのうちの1組は、池の杭を巧みに利用して営巣し、4個を抱卵中。しかし、この場所は天敵のイタチが出没するため、公園職員はハラハラしながら、繁殖の成功を見守っている。

 カイツブリは、赤褐色の頬の白い線がチャームポイントの留鳥。奈良時代から「鳰鳥」(にほとり)と呼ばれて親しまれている。全長25センチ。

「産経WEST」のランキング