産経WEST

淡路島サクラマス8200食、5千万円売り上げる ハモ、トラフグに次ぐ淡路島の名産に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


淡路島サクラマス8200食、5千万円売り上げる ハモ、トラフグに次ぐ淡路島の名産に

濃厚で臭みのない味わいの「うらら」はすしネタにも最適という=大阪市北区 濃厚で臭みのない味わいの「うらら」はすしネタにも最適という=大阪市北区

 兵庫県南あわじ市は同市役所で「『あわじ国』マーケティング戦略研修会~淡路島サクラマスプロジェクトを振り返って~」を開催し、今年3~5月に販売した「淡路島サクラマス」は約8200食、5千万円以上の売り上げだったことを明らかにした。

パスタやピザ、ハンバーガーなどのアイデアも

 淡路島サクラマスは冬の「淡路島3年とらふぐ」、夏のハモの間となる春に名物を作りたいと新たなブランド魚を目指して導入された。サケ科の魚で川で暮らすものをヤマメ、同種ながら海に下って回遊し、産卵のために川に戻るのがサクラマスで、養殖業者や飲食店などが協力してメニュー開発などを行ってきた。今年3月から本格的に販売開始された。

 研修会は養殖業者や飲食店関係者など約40人が参加し、PRなどを担当したじゃらんリサーチセンター兵庫エリアプロデューサーの田中優子さんが講演。20店舗で23メニューが販売され、丼と鍋が5697食、3926万円、そのほかのメニューを合わせて約8200食、5千万円以上だったことが報告された。淡路島サクラマスは約6500匹が出荷された。

続きを読む

このニュースの写真

  • 淡路島サクラマス8200食、5千万円売り上げる ハモ、トラフグに次ぐ淡路島の名産に
  • 淡路島サクラマス8200食、5千万円売り上げる ハモ、トラフグに次ぐ淡路島の名産に

「産経WEST」のランキング