産経WEST

愛知県でヒアリ2度目確認 内陸では初確認 春日井市の倉庫

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


愛知県でヒアリ2度目確認 内陸では初確認 春日井市の倉庫

強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」(環境省提供) 強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」(環境省提供)

 愛知県は10日、名古屋港から荷揚げし、同県春日井市の倉庫に運ばれた貨物から強い毒を持つ南米原産の「ヒアリ」が確認されたと発表した。環境省によると、内陸の地域で発見されたのは初めて。

 県によると、荷主から通報を受けた県が、中部地方環境事務所などと倉庫や名古屋港の「飛島ふ頭」に戻ったコンテナを調べるとさらに計十数匹が見つかり、全て駆除した。貨物は荷主が廃棄処分するという。 貨物は6月下旬、中国・南沙港でコンテナに詰めて香港から名古屋港に送られた。同30日に飛島ふ頭に到着。今月6日、春日井市に搬送され、倉庫でコンテナから出した貨物に1匹が付着しているのを荷主が見つけた。10日にヒアリと判明した。

「産経WEST」のランキング