産経WEST

【24hours 私のタイムスケジュール】尼崎えびす神社宮司 太田垣亘世さん(47)「宗教は無償の愛情注ぐこと」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【24hours 私のタイムスケジュール】
尼崎えびす神社宮司 太田垣亘世さん(47)「宗教は無償の愛情注ぐこと」

「命を尊重し無償の愛を注ぐことが宗教です」 「命を尊重し無償の愛を注ぐことが宗教です」

 外資系航空会社の客室乗務員を経て、実家の尼崎えびす神社(兵庫県尼崎市)で宮司を務めています。参拝者の願い事を受け付けて祈祷(きとう)をしています。

 願い事は、愛情や仕事、健康に関することにきれいに分類され、幸福になるには人間関係を円滑にすることが大切だと感じます。

 専門学校などで受け持っているマナー講座では、幸せをもたらす心がけを説くことから始めます。神社でもできるだけ多くの勉強会を開いて、広く伝えたいと思っています。

 亡くなった友人から愛犬2匹を引き取ったのが、そのきっかけです。世話をするうちに、命を尊重して無償の愛情を注ぐことが宗教だと気づきました。

 忙しくても雨の日でも愛犬との散歩は欠かしません。たとえ疲れた日でも肌つやが良く、より健康にもなれました。

このニュースの写真

  • 尼崎えびす神社宮司 太田垣亘世さん(47)「宗教は無償の愛情注ぐこと」

「産経WEST」のランキング