産経WEST

【関西の議論】「非国民!」と罵声、理不尽すぎる〝同名炎上〟 思わぬ風評被害…かつてはオウム真理教絡みのトラブルも 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「非国民!」と罵声、理不尽すぎる〝同名炎上〟 思わぬ風評被害…かつてはオウム真理教絡みのトラブルも 

記者会見で和歌山の同名企業との「誤認解消」を訴える山本化学工業の山本富造社長=大阪市生野区(同社提供) 記者会見で和歌山の同名企業との「誤認解消」を訴える山本化学工業の山本富造社長=大阪市生野区(同社提供)

 不祥事を起こした企業などと同じ社名という理由で、思わぬ〝風評被害〟を受けるケースがある。社員が終日電話対応に追われたり、心ない暴言を浴びたりすることも。無秩序な「同名炎上」は、いつ、どこでも起こりうる。巻き込まれた当事者に打つ手はあるのか。(細田裕也)

記者会見で「全く無関係」

 「和歌山の会社とは資本関係も血縁関係もなく、全く無関係です」。6月26日、水着製造などを手がける「山本化学工業」本社(大阪市生野区)。山本富造社長が「誤認解消のお願い」と称した緊急記者会見を開き、「報道のたびに苦情が増えていく」と困惑した表情をみせつつ、「大切なのは会社の信頼性。少しでも多くの人に理解いただきたい」と要請した。

 「和歌山の会社」とは、和歌山市の大手原薬メーカー「山本化学工業」(山本隆造社長)を指す。同22日、風邪薬の成分として使用される解熱鎮痛剤アセトアミノフェン(AA)の製造過程で、安価な中国製AAを無届けで混入し、出荷していた問題が発覚した。和歌山県が28日、医薬品医療機器法に基づき、22日間の業務停止命令と業務改善命令を出している。

 大阪の山本化学工業とは偶然にも漢字表記も含め同じ社名だったため、問題が報じられた22日以降、苦情・批判が電話やメールで大阪の山本化学工業に寄せられた。同社は当初、「和歌山の山本化学工業とは一切関係がない」と異例のコメントを発表。一部メディアが取り上げたものの歯止めにはならず、ついに26日、記者会見を開くに至った。

殺到100倍超、勘違い“デマ拡散”一方的に批判され…あの東京五輪ロゴ騒動も

関連ニュース

「産経WEST」のランキング