産経WEST

【九州北部で大雨】JR九州、「特急ゆふ」など豊肥線の「九州横断特急」始発から一部運休 大分道は通行止め区間も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【九州北部で大雨】
JR九州、「特急ゆふ」など豊肥線の「九州横断特急」始発から一部運休 大分道は通行止め区間も

大雨の影響で水が流れ落石が転がる道路=5日午後7時ごろ、大分県日田市 大雨の影響で水が流れ落石が転がる道路=5日午後7時ごろ、大分県日田市

 JR九州は6日、福岡県や大分県を含む九州北部の広範囲にわたる大雨に伴い、福岡と大分を結ぶ久大線の「特急ゆふ」「特急ゆふいんの森」や、阿蘇(熊本)と別府(大分)間を走る豊肥線の「九州横断特急」の運転を始発から見合わせた。大分自動車道も5日夜の時点で一部区間の通行止め解除の見込みは立っていない。

 JR在来線の一部は6日、運休のほか本数を減らすなどして運行。大雨の影響で線路設備などの点検ができず、十分な安全確認ができないことが主な理由。

 終日運転を見合わせる区間は、久大線の善導寺-向之原、豊肥線の阿蘇-中判田、日田彦山線の添田-夜明。この影響により、それぞれの路線の別区間で運行本数を減らした。

 JR九州は「気象や線路設備の状況などで、このほかにも運休や遅れが発生する場合がある」としている。

 西日本高速道路によると、大分自動車道の甘木インターチェンジ(IC、福岡県朝倉市)-玖珠IC(大分県玖珠町)は5日夕から上下線ともに通行止め。複数箇所で、のり面から土砂が流出しているという。

「産経WEST」のランキング