産経WEST

【スポーツなんでやねん】韓国「往生際の悪さ」は通弊か…暴力事件の処分に不満たらたら 再審議要求へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【スポーツなんでやねん】
韓国「往生際の悪さ」は通弊か…暴力事件の処分に不満たらたら 再審議要求へ

小競り合いとなる両イレブン=埼玉スタジアム (撮影・山田俊介) 小競り合いとなる両イレブン=埼玉スタジアム (撮影・山田俊介)

 この往生際の悪さは何なのだろう? 5月31日に埼玉スタジアムで行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の決勝トーナメント1回戦第2戦で、済州(韓国)の選手やスタッフが浦和の阿部勇樹や槙野智章らに襲いかかった事件のことだ。既にアジア・サッカー連盟(AFC)が審判を突き飛ばした趙容亨(チョ・ヨンヒョン)に6カ月の出場停止▽阿部にジャンピングエルボーを見舞った白棟圭(ペク・ドンギュ)に3カ月-などの処分を科しているが、それを不服として、再審議を要請するという。韓国紙の中央日報日本語版(電子版)が報じた。

「十分に納得できかねる」と不満募らせて

 同紙によると、済州の競技力向上室長が6月26日、「懲戒の内容に関連し、AFCに説明資料を要請して受け取ったものを検討した結果、十分に納得できかねると判断し、AFCに再審議を要請する考えだ」と明らかにした。また、再審の結果次第では、国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴する方向で検討する予定だという。 

 AFCは6月9日、試合中に退場となりながら乱闘に加勢した趙容亨に6カ月の出場停止と罰金、阿部に肘打ちした白棟圭は3カ月と罰金、浦和選手を殴った権韓真(クォン・ハンジン)には2試合と罰金-の処分をそれぞれ科し、クラブにも4万ドル(約440万円)の罰金を命じた。一方で、“被害者”である浦和にも2万ドル(約220万円)の罰金を科している。

反省よりも先に、処分重すぎ…当事者どこかに棚上げ、そして

このニュースの写真

  • 韓国「往生際の悪さ」は通弊か…暴力事件の処分に不満たらたら 再審議要求へ

関連トピックス

「産経WEST」のランキング