産経WEST

【衝撃事件の核心】「うちには神様も仏様もいる」〝韓流〟宗教法人の怪ビジネス 残土処分が事件化、川汚染で法廷闘争

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「うちには神様も仏様もいる」〝韓流〟宗教法人の怪ビジネス 残土処分が事件化、川汚染で法廷闘争

宗教法人「成田山不動院」河内長野別院には、〝本家〟との関係を連想させる「成田山」の表示がある不動明王像があった=5月、大阪府河内長野市 宗教法人「成田山不動院」河内長野別院には、〝本家〟との関係を連想させる「成田山」の表示がある不動明王像があった=5月、大阪府河内長野市

 「坊主丸儲け」というわけにはいかなかった。大阪府河内長野市の山中にある宗教法人「成田山不動院」河内長野別院の所有地に無許可で建設残土を捨てたとして、建設会社の元会長や法人幹部の僧侶らが5月、府砂防指定地管理条例違反容疑などで大阪府警に逮捕された。法人は韓国籍の女性が代表を務め、著名な成田山新勝寺(千葉県)とは無関係。地元でもほとんど知られていない存在で、信者不足から資金不足に陥った末に「残土処分」という怪しげなビジネスに手を出したとみられる。事件では建設会社の元会長が起訴された一方、僧侶は起訴猶予という結果となった。ただ、地元・河内長野市は現地の土砂崩れで川が濁り、水道水を取水できなくなったとして法人などを提訴した。府も違法建築を指摘するなど、この〝韓流〟法人をめぐるトラブルは絶えない。(井上浩平)

山中にダンプ行列の異様

 「ダンプカーが何台も出入りして崖に土砂を捨てている」

 昨年7月中旬、住民から府などに寄せられた情報が始まりだった。河内長野市日野の絶壁に建つ宗教法人「成田山不動院」河内長野別院。普段は交通量の少ない山道に、土砂を満載したダンプカーが行列を作る異様な光景が見られた。

 現場は開発時に府の許可が必要な砂防指定地。府と市は法人幹部で別院に勤務する男性僧侶(67)に何度も行政指導したものの、「崩れた参道を直しているだけ」と言い張り、搬入は止まらなかった。

 ところが同9月下旬、搬入した残土のうち約3千立方メートルが崩落。約200メートル下の1級河川「石川」に流れ込んだ。川は一部がせき止められ、白く濁った。

あの有名な成田山新勝寺…実は「全然関係ない」、代表の韓国人女性は…

このニュースの写真

  • 「うちには神様も仏様もいる」〝韓流〟宗教法人の怪ビジネス 残土処分が事件化、川汚染で法廷闘争
  • 「うちには神様も仏様もいる」〝韓流〟宗教法人の怪ビジネス 残土処分が事件化、川汚染で法廷闘争
  • 「うちには神様も仏様もいる」〝韓流〟宗教法人の怪ビジネス 残土処分が事件化、川汚染で法廷闘争
  • 「うちには神様も仏様もいる」〝韓流〟宗教法人の怪ビジネス 残土処分が事件化、川汚染で法廷闘争

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング