産経WEST

【プロ野球】DeNAが5連勝…2位阪神に肉薄、1ゲーム差に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【プロ野球】
DeNAが5連勝…2位阪神に肉薄、1ゲーム差に

 【DeNA4-1阪神(横浜スタジアム)】DeNAが今季初の5連勝。0-1の四回に梶谷の2点二塁打で逆転し、五回に石川のソロ、八回に宮崎の二塁打で加点した。

 浜口は要所を締めてチームトップの6勝目。阪神は八回まで毎回の走者を出しながら1点止まりで12残塁。

 まだ本調子とはいかないようだ。7月に入り8連敗を止め、2連勝中だった阪神は三回以降、無得点でDeNAに1ゲーム差に迫られた。5番で起用され、五回の好機で凡退した大山は「チームに貢献できなかったことが一番」と悔しがった。

 四回の守備。1死一、二塁で左翼福留は梶谷の打球に向かって前へダッシュしたが、グラブに届かず後逸。逆転の2点二塁打となり、顔をしかめ、照明が目に入ったというしぐさを見せた。

 直後の五回は無死一、二塁の好機を迎えたが、大山が投ゴロ併殺打。なお2死二塁で高山が遊飛に倒れた。五回にメッセンジャーが先頭の石川にソロを浴び、流れは悪化。八回にダメ押し点を取られた。

 金本監督は福留のプレーに「勝負にいって捕りにいったから」と理解を示し、新人の大山には「使っている以上、こっちが責任を持たないと」と話した。好転するまで我慢するしかない。

「産経WEST」のランキング