産経WEST

ついに出た! 野山や林道“走破”の国内初の電動自転車 パナが9月発売

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ついに出た! 野山や林道“走破”の国内初の電動自転車 パナが9月発売

電動アシストマウンテンバイク「XM1」を発表するパナソニックサイクルテックの片山栄一社長=4日、東京都港区 電動アシストマウンテンバイク「XM1」を発表するパナソニックサイクルテックの片山栄一社長=4日、東京都港区

 パナソニックは4日、野山や林道も走破できる電動アシスト機能付きのマウンテンバイク「XM1」を9月1日から発売すると発表した。街乗りから本格的なオフロードまで楽しめる電動アシスト自転車は欧州などでは一般的だが、国内では初登場。買い物や通勤といった使い方だけでなく、新たなスタイルで需要を掘り起こしたい考えだ。

 希望小売価格は35万6400円で、来年8月までに200台の販売を目指す。急な坂道の上り下りなどでも衝撃を吸収して快適な走りを可能にするフロントサスペンションを搭載。約3時間の充電で最大約78キロ走行することができる。夫婦やグループで里山イベントなどに出かける際に、男女の体力差を埋めるのにも役立つという。

 東京都内で記者会見したパナソニックサイクルテックの片山栄一社長は、都市部で車を持つ人が減り、趣味にお金をかける人が増えていると指摘。平成28年度は2%となっている同社のスポーツタイプの販売比率を「20年度ごろまでに10%に引き上げたい」と意欲を示した。

「産経WEST」のランキング