産経WEST

ビルから女性転落死事件、殺人罪の男が殺害を否認 神戸地裁支部

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ビルから女性転落死事件、殺人罪の男が殺害を否認 神戸地裁支部

 兵庫県加古川市で平成27年9月、女性を高さ約15メートルのビル5階から路上に落とし殺害したなどとして、殺人罪などに問われた大道竜二被告(52)は4日、神戸地裁姫路支部(木山暢郎裁判長)の裁判員裁判初公判で「殺すようなことは絶対にしていない」と起訴内容を否認した。

 検察側の冒頭陳述によると、殺害された女性と大道被告は当時交際しており、事件直前に口論になったと指摘。被告は転落した女性に構うことなく、逃走を図ったと述べた。

 弁護側は「2人は恋愛関係で殺す動機がない」とし、ビルの壁の痕跡や女性の精神状態を根拠に自殺と主張した。

 起訴状によると、27年9月22日未明、加古川市のビルで飲食店経営塚本真衣さん=当時(32)=の体を持ち上げ、5階通路から地上に落とし、失血により殺害したとしている。

 大道被告は事件直前の女性への暴行罪と約1カ月前に「殺す」などと言った脅迫罪でも起訴されており、暴行罪は認め、脅迫罪は否認した。

「産経WEST」のランキング