産経WEST

アユ謎の大量死 大津の相模川で数百匹、汚染水、異臭、水質汚濁なく

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


アユ謎の大量死 大津の相模川で数百匹、汚染水、異臭、水質汚濁なく

アユの死骸が浮いているのが見つかった相模川=大津市(滋賀県警提供) アユの死骸が浮いているのが見つかった相模川=大津市(滋賀県警提供)

 2日午後0時40分ごろ、大津市相模町の相模川で、通行人の男性から「魚が大量に死んでいる」と110番があった。

 滋賀県警大津署によると、死んでいたのはアユ数百匹。アユの死骸は、相模町から同市昭和町にかけての約800メートルにわたって確認された。

 周辺では汚染水や異臭、水質汚濁などは確認されていないといい、同署が原因を調べている。

▼【関連ニュース】琵琶湖「ビワコムシ」大量発生…迷惑「メチャきしょい」、実は環境守る“いい虫”

▼【閲覧注意!写真】中国から降臨、子牛も食う猛毒「殺人アリ」の素顔(こちらをクリック)

「産経WEST」のランキング