産経WEST

【WOMEN】「いつか女性だけで動かせる船を」内航海運で羽ばたく女性船主

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【WOMEN】
「いつか女性だけで動かせる船を」内航海運で羽ばたく女性船主

停泊中の「第八大島丸」の甲板で乗組員と安全確認をする白石紗苗さん=大阪市大正区(奥清博撮影) 停泊中の「第八大島丸」の甲板で乗組員と安全確認をする白石紗苗さん=大阪市大正区(奥清博撮影)

 土木や建築と並んで“男の世界”を強く感じさせる仕事に「海運」がある。そんな男社会の真っただ中に飛び込んで、船主として国内の港と港を結ぶ海上輸送「内航海運」に新風を吹き込むのが、白石海運(大阪市港区)取締役の白石紗苗さん(32)。「いつか女性だけで動かせる船をもてたら」。将来の夢は大きい。

 「うちの船がちょうど大阪港に帰ってきたので、見に来ませんか」

 6月中旬の午後、大阪市大正区にある大阪港の人工港湾「大正内港」に、ブルーと赤に塗り分けられた1隻の船が着岸した。白石さんが指をさしたのは、199トンの油送船「第八大島丸」。乗組員3人で、操船やエンジン整備、荷役の全てを行う。

 白石さんは、祖父が創業した会社の3代目。海運の仕事は、日本と外国との間で物や人を運ぶ「外航海運」▽国内の港から港へ貨物を運ぶ「内航海運」▽フェリーやクルーズ船などの「国内旅客船」-の大きく3つに分かれる。

 内航海運は、船で食料品や日用品、産業資材の石灰石や原油、鉄鋼、セメントなどを輸送。その量は国内貨物輸送の約4割を占める。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「いつか女性だけで動かせる船を」内航海運で羽ばたく女性船主
  • 「いつか女性だけで動かせる船を」内航海運で羽ばたく女性船主

「産経WEST」のランキング