産経WEST

【衝撃事件の核心】「しぬこともあります」中国から降臨、子牛も食う猛毒「殺人アリ」…はだし厳禁の〝神戸パニック〟

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「しぬこともあります」中国から降臨、子牛も食う猛毒「殺人アリ」…はだし厳禁の〝神戸パニック〟

神戸港のコンテナヤードで見つかったヒアリ(環境省提供) 神戸港のコンテナヤードで見つかったヒアリ(環境省提供)

園庭遊びは中止に

 ヒアリが発見されたヤードはふだん港湾関係者以外の立ち入りが禁止され、住宅地や商業地からは離れている。しかし、島内の住民らの不安は払拭できていない。

 発見場所から1・5キロ近く離れた市立港島幼稚園では、園内にヒアリの写真を掲示。砂場をしばらく使用禁止にし、園児を園庭ではだしで遊ばせない対策をとった。認定こども園ポートピアでも、園児が植え込みに近づかないようロープを張り、はだしにならないようにスタッフらと注意して見守っている。

 同園の女性園長(60)は「安全確保のために対策を取るのは仕方がないが、いつまではだしを禁じたらいいのか、いつ好きなように虫を捕まえてもいいといえるのかという判断に困るのも事実。園庭遊びは幼児教育には非常に重要なため、長く制限することだけは避けたい」と複雑な胸中を明かした。

 一方、ポートアイランドに近いホームセンターではアリの駆除関連商品が例年の3倍の売り上げとなり、港湾業者からの注文が相次いでいるという。

毒グモの悪夢再び?

 ヒアリのように毒を持った外来生物が国内に定着した例として思い起こされるのが、オーストラリア原産の毒グモ「セアカゴケグモ」だ。国内では平成7(1995)年、海外から運ばれてきたコンテナに付着してきたとみられる個体が大阪府高石市の臨海部で初めて確認された。その後、すでに各地で大量に生息していたことが判明し、27年9月までに41都道府県で確認、一部では定着している。

 毒こそないもののヒアリと同様に南米原産の特定外来生物「アルゼンチンアリ」も、5年に広島県で初めて発見された後、12都府県で定着し、生態系への影響が懸念されている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「しぬこともあります」中国から降臨、子牛も食う猛毒「殺人アリ」…はだし厳禁の〝神戸パニック〟
  • 「しぬこともあります」中国から降臨、子牛も食う猛毒「殺人アリ」…はだし厳禁の〝神戸パニック〟
  • 「しぬこともあります」中国から降臨、子牛も食う猛毒「殺人アリ」…はだし厳禁の〝神戸パニック〟
  • 「しぬこともあります」中国から降臨、子牛も食う猛毒「殺人アリ」…はだし厳禁の〝神戸パニック〟
  • 「しぬこともあります」中国から降臨、子牛も食う猛毒「殺人アリ」…はだし厳禁の〝神戸パニック〟
  • 「しぬこともあります」中国から降臨、子牛も食う猛毒「殺人アリ」…はだし厳禁の〝神戸パニック〟

関連ニュース

「産経WEST」のランキング