産経WEST

客が乗降中に列車発進、ホーム過ぎるミスも JR九州

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


客が乗降中に列車発進、ホーム過ぎるミスも JR九州

 JR九州は29日までに、福岡市のJR香椎線の駅で利用者の乗降中に普通列車が約2メートル前進するトラブルがあったと明らかにした。福岡県大野城市のJR鹿児島線で29日、普通列車が駅のホームを行き過ぎるミスも発生。いずれも乗客にけがはなかったが、JR九州は「運転士の指導を徹底し再発防止に努める」としている。

 JR九州によると、28日午後5時45分ごろ、福岡市東区のJR香椎線舞松原駅で、西戸崎発宇美行きの普通列車(2両編成)が扉を開けたまま約2メートル前進した。手動ブレーキのかけ方が不適切だったとみられる。

 また、29日午前7時半ごろ、大野城市のJR鹿児島線大野城駅で、荒尾発福間行き普通列車(8両編成)の先頭部分が、ホームを約10メートル行き過ぎて停車。一部のドアを閉めたままとし、乗客は他のドアから乗り降りしたという。

「産経WEST」のランキング