産経WEST

僧侶が他人の家にごみ捨てる-「分別するのが面倒」と段ボール箱3箱分 奈良署

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


僧侶が他人の家にごみ捨てる-「分別するのが面倒」と段ボール箱3箱分 奈良署

 奈良署は26日、他人の住宅の敷地内に家庭ごみを捨てたとして、廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いで、奈良市の、僧侶の男(72)を逮捕した。同署によると、男は「分別するのが面倒だった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は6月10日午後5時20分ごろ、奈良市の他人の住宅にスプレー缶や紙くずなどの家庭ごみ計約18キロを段ボール3箱に入れ、捨てた疑い。

 同署によると、ごみが放置された家の住民から通報があり、防犯カメラの映像などから判明した。男は住民と面識はなく、車でごみを運んで1人で捨てていた。家族のものとみられるごみも含まれていたという。

「産経WEST」のランキング