産経WEST

【連続青酸死】筧千佐子被告側、無罪を主張…京都地裁初公判 男性3人殺害、1人殺害未遂の罪を否定

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【連続青酸死】
筧千佐子被告側、無罪を主張…京都地裁初公判 男性3人殺害、1人殺害未遂の罪を否定

 京都、大阪、兵庫の3府県で起きた連続青酸死事件で、夫や内縁関係の男性ら4人に青酸化合物を飲ませ殺害したなどとして、3件の殺人罪と1件の強盗殺人未遂罪に問われた筧(かけひ)千佐子被告(70)の裁判員裁判の初公判が26日、京都地裁(中川綾子裁判長)で開かれた。筧被告が罪状認否で「すべて弁護士にまかせてあります」とする書面を読み上げた後、弁護側が「公訴事実について争う」と述べ、起訴内容を否認した。

 公判は被告の犯人性が最大の争点。筧被告は捜査段階で「カプセルで青酸化合物を飲ませた」などと供述し、自白したとされるが、起訴後、否認に転じた。直接証拠が乏しい中、検察側は筧被告が処分したプランターの中にあったポリ袋から青酸化合物が検出されたことや、被害者の死後に遺産を受け取っていたことなどの間接証拠を積み上げて立証するとみられる。

 弁護側は自白の任意性や検出した青酸化合物などの証拠の信用性を争うほか、筧被告の事件当時の刑事責任能力と、認知症が進行しているとして今回の公判の訴訟能力も争う方針を示した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 筧千佐子被告側、無罪を主張…京都地裁初公判 男性3人殺害、1人殺害未遂の罪を否定
  • 筧千佐子被告側、無罪を主張…京都地裁初公判 男性3人殺害、1人殺害未遂の罪を否定

関連ニュース

「産経WEST」のランキング