産経WEST

【田淵幸一物語・第4部(20)】「監督」と「怒鳴られ役」の不思議な関係

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【田淵幸一物語・第4部(20)】
「監督」と「怒鳴られ役」の不思議な関係

ときにはお尻も蹴られた“怒鳴られ役”の田淵(右は星野監督) ときにはお尻も蹴られた“怒鳴られ役”の田淵(右は星野監督)

前のニュース

 星野監督から「田淵をコーチで呼びたい」と聞かされた阪神の久万俊二郎オーナーは「チーム内に監督が2人できるんじゃないか」と難色を示したという。いや、それが普通の感覚である。

 大学時代から2人はライバル同士。その関係はプロの世界に入ってからさらに顕著になり、星野は中日で、田淵は阪神で、それぞれ「ミスター」の称号を得た。誰がみても2人は“対等”である。

黒子に徹した田淵コーチ

 だが、田淵コーチは「黒子」に徹した。星野監督と話すときは必ず直立不動の姿勢。呼ぶときは「監督」。記者たちと話すときは「ウチの大将」と表現した。

 「いいよ、そこまでしなくても。ふたりっきりのときは“仙ちゃん”と呼んでも」と星野から言われたが、「いや、ケジメが大切なんだ」と押し通した。そして、驚くべき“役回り”を演じ始めた。

 当時、球団社長を務めていた野崎勝義は後年、こう振り返った。

 「星野さんを監督に迎えるにあたり、不安はありました。正直いって、中日時代のやり方では、ウチの選手には合わないかもしれない、と思っていました。監督に怒鳴られ、けなされ、ときには殴られる。ウチの選手は“反骨精神”どころか、逆にソッポを向き、その救いをコーチに求める。それがずっと続いていたウチの体質でしたから」

 ところが、星野監督は中日時代のやり方を変えた。もちろん、選手は怒鳴るが、それ以上にコーチを、いや、田淵をベンチで怒鳴りあげた。

続きを読む

田淵幸一物語のニュース

このニュースの写真

  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督
  • 【田淵幸一物語(1)】「田淵はミスターTではない」と断言した村山監督

「産経WEST」のランキング