産経WEST

シャープ、復活に自信 株主から高評価 有機ELの開発遅れなど不透明感も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


シャープ、復活に自信 株主から高評価 有機ELの開発遅れなど不透明感も

 シャープの株主総会の冒頭であいさつする戴正呉社長(手前左)のモニター映像=20日、堺市  シャープの株主総会の冒頭であいさつする戴正呉社長(手前左)のモニター映像=20日、堺市

 シャープの株主総会では、業績を回復軌道に載せた戴正呉(たいせいご)社長の経営手腕を評価する声が相次いだ。戴社長は東京証券取引所1部への復帰申請時期を明言し、復活への自信をのぞかせた。株主の期待は膨らむ一方だが、次世代パネル「有機EL」の開発の遅れを懸念する意見などもあり、成長路線への転換が図られるかは不透明だ。

 「ぜひ頑張ってほしい」

 「一日でも長く経営を」

 業績悪化への批判や経営陣に対する不満が目立った昨年の総会とは打って変わり、株主からは再建を主導する戴社長へのエールや称賛の声が多く寄せられた。

 そんな株主の期待に応えるように、戴社長は経営再建の区切りとなる東証一部への復帰を宣言。「来年には配当したい」と述べ、平成24年3月期末以来6年ぶりとなる復配を約束した。

 シャープは中期経営計画で、復活に向けた「成長路線への転換」を掲げ、超高精細な画質「8K」や「モノのインターネット(IoT)」などを柱に、32年3月期の連結売上高を29年3月期の約1・6倍となる3兆2500億円に引き上げる野心的な目標を掲げた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング