産経WEST

韓国初の女性外相 ようやく就任 「独善的発想」克服できるか 国連時代は…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


韓国初の女性外相 ようやく就任 「独善的発想」克服できるか 国連時代は…

韓国外相に就任し、外務省庁舎に入る康京和氏=18日、ソウル(聯合=共同) 韓国外相に就任し、外務省庁舎に入る康京和氏=18日、ソウル(聯合=共同)

 ■韓国の「独善的発想」

 どのような人物が外相になるかという問題以前に韓国の外交方針そのものを問題視する見解も出ている。

 「韓国人に生まれなくてよかった なぜいま文在寅なのか!開いた口がふさがらない」(悟空出版)を出版した武藤正敏元駐韓大使は著書でこう指摘する。  「韓国の外交が持つ独善的な発想、あるいは世界観に起因する外交下手、より厳しく言えば外交における客観的視点の不足である」

 慰安婦問題の合意をめぐる蒸し返し、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)をめぐる混乱、日本大使館などの前に設置された慰安婦像など、武藤氏が指摘するように「韓国外交の特殊性を最も認識しているのが日本だ」。

 さらに武藤氏はこう警告している。もし文大統領が「韓国国内の論理でTHAAD配備を撤回したら、(中略)米国も国際社会も韓国を見限るだろう」

▼【関連ニュース】武藤大使もあきれた…「メディアも忖度…韓国人に生まれなくて良かった“最悪の大統領”批判に激怒」

「産経WEST」のランキング