産経WEST

「北朝鮮は増えて20発…世界の核弾頭1万4900発」 長崎大の研究機関が推計

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「北朝鮮は増えて20発…世界の核弾頭1万4900発」 長崎大の研究機関が推計

世界の核弾頭の推計数を発表する長崎大核兵器廃絶研究センターの研究者=19日午後、長崎市 世界の核弾頭の推計数を発表する長崎大核兵器廃絶研究センターの研究者=19日午後、長崎市

 長崎大の核兵器廃絶研究センターは、ロシアや米国など9カ国が6月時点で計約1万4900発の核弾頭を保有しているとの推計結果を発表した。昨年と比べて約450発減ったとみるが「米露は近代化計画で核兵器の性能を上げている。数は減っても、脅威は減っていない」と警鐘を鳴らしている。

 ミサイル発射を繰り返し、核開発を進めている北朝鮮の保有数は20発未満とみており、10発未満とした昨年の推計よりも増やした。

 同センターによると、世界各国の専門機関や研究者の文献などを基に推計。北朝鮮以外の核弾頭数はロシア約7千発、米国約6800発、フランス約300発、中国約270発、イギリス約215発、パキスタン約140発、インド約110~120発、イスラエル約80発。

 米露が2018年2月までに配備済み戦略核弾頭の削減をする条約を結んでいることなどから、両国で計約500発を減らしたとみる。

 鈴木達治郎センター長は「廃絶への動きは非常に遅い」と評価する。同センターは推計をホームページで公表している。

「産経WEST」のランキング