産経WEST

【陸上】四天王出るか9秒台!男子100メートル、世界切符3枚に挑む 23日・大阪で日本選手権

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【陸上】
四天王出るか9秒台!男子100メートル、世界切符3枚に挑む 23日・大阪で日本選手権

 連覇を狙うケンブリッジは4人の中で自己ベストが最も遅い10秒10。今月4日の布勢スプリントでは、200メートルが専門の飯塚翔太(25)=ミズノ=に競り負けて10秒12に終わった。腕の振りと足の着地のタイミングに課題を抱えており、「日本選手権までに状態を上げていければ」と挽回を誓う。

 ■ハイレベル

 

 2015年に北京で開かれた前回の世界選手権では、9秒台で走らないと決勝に進出できなかった。世界が“進化”する中、伊東氏が10秒00をマークしたのは、1998年アジア大会。それから19年。4人のうち、ケンブリッジ以外の3人が日本歴代10傑に名を連ねる。

 大会を地元に迎える大阪陸上競技協会の関係者は「多田選手が大阪出身ということもあり、注目が高まっているのは間違いない」と話す。かつてないほどの高レベルなレースは23日に予選と準決勝、24日に決勝が行われる。

このニュースの写真

  • 四天王出るか9秒台!男子100メートル、世界切符3枚に挑む 23日・大阪で日本選手権

「産経WEST」のランキング