産経WEST

【虎のソナタ】若虎にちょっぴり自信“猛虎青春切符の旅”

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【虎のソナタ】
若虎にちょっぴり自信“猛虎青春切符の旅”

小野は鳴尾浜で休日練習。18日の楽天戦は好内容だった。次はプロ初勝利といきたいな 小野は鳴尾浜で休日練習。18日の楽天戦は好内容だった。次はプロ初勝利といきたいな

 ペリー提督が黒船で浦賀に現れ、日本中が大騒ぎになる7年も前の1846(弘化3)年の6月19日、ニューヨークのニッカボッカークラブが初の『野球試合』をやった。この時のルールで3ストライク、3アウトでチェンジ。そして、ベースの間が90フィート(約27.4メートル)だった。

 これがなんとも微妙な距離で、あと半歩というところで打者走者が一塁で“くやしいアウト”になるし、誰がきめたか実にナルホドなぁ…という“長さ”で、よくできている。

 阪神の交流戦のラストゲームは楽天に完封負けして、金本監督は実に手短にこう言った。「それにしても1点もとれなかったのが悔しい…」。

 つまりいくらワンダフルなゲームをやっても、走者をたくさん出しても誰一人として三塁から本塁までの27メートル強を駆け抜けなかったら…アノ超満員の甲子園のファンにはフラストレーションが手みやげとして残る。タッタ27メートル強で…。

続きを読む

「産経WEST」のランキング