産経WEST

経営陣「鴻海色」濃厚に、出身取締役増の5人案提案 シャープ株主総会

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


経営陣「鴻海色」濃厚に、出身取締役増の5人案提案 シャープ株主総会

シャープ株主総会で株主に報告する戴正呉・シャープ社長(モニター、起立している男性)=20日午前、堺市堺区 シャープ株主総会で株主に報告する戴正呉・シャープ社長(モニター、起立している男性)=20日午前、堺市堺区

 経営再建中のシャープは20日、堺市の本社で株主総会を開いた。親会社の台湾・鴻海精密工業から派遣された戴正呉社長をはじめ、社外取締役も含めて鴻海グループ出身の取締役を3人から5人に増やすことなどを盛り込んだ人事案を提案しており、総会の議決を経て選任される見通し。経営の陣容は一段と鴻海色が濃厚になる。

 シャープは液晶テレビなど主力事業の不振で昨年3月末にグループの債務が資産を上回る債務超過に陥り、同6月の株主総会で鴻海傘下入りを決定。戴社長の指揮の下、再建に向けた取り組みを進めてきた。

 シャープは再生に向け平成31年度に売上高を28年度の約1.6倍となる3兆2500億円に拡大する目標を掲げており、人事面でも資金力のある鴻海主導を明確にし、米国で計画する大規模な工場建設などを進める考えだ。

このニュースの写真

  • 経営陣「鴻海色」濃厚に、出身取締役増の5人案提案 シャープ株主総会

「産経WEST」のランキング