産経WEST

ビニール製バルーンや箱形タイマー 大津の国道で不審物

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ビニール製バルーンや箱形タイマー 大津の国道で不審物

不審物のタイマーのようなものに入っていた乾電池(滋賀県警提供) 不審物のタイマーのようなものに入っていた乾電池(滋賀県警提供)

 滋賀県警大津北署は19日、大津市真野普門の国道477号で、長さ約7メートルのビニール製バルーンや箱形のタイマーのようなものが見つかったと発表した。同署は今後、危険な物質などが付着していないかなどを調べる方針。

 同署によると、19日午後1時20分ごろ「気球が街路樹に引っかかっている」などと連絡があった。

 同署員が駆けつけたところ、国道沿いの歩道にある街路樹の枝に、長さ約7メートル、直径約2.5メートルの筒状のビニール製バルーンと小型の箱形のタイマーのようなもの、ビニール袋などが紐でつながった状態で引っかかっていたという。

 タイマーのようなものは、ハングル文字の乾電池が2本入っていたが作動しておらず、ビニール袋には何も入っていなかったという。

「産経WEST」のランキング