産経WEST

【関西の議論】旧鉱山の町、「一円電車」本格運行の夢 日本遺産認定が追い風となり実現へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
旧鉱山の町、「一円電車」本格運行の夢 日本遺産認定が追い風となり実現へ

ディーゼル機関車(右側)の導入を喜ぶ明延地区の住民ら ディーゼル機関車(右側)の導入を喜ぶ明延地区の住民ら

 兵庫県養父市大屋町の旧明延(あけのべ)鉱山にかつて走っていた鉱山鉄道「一円電車」を復活させ、体験乗車会を行っている明延地区の住民らが今年、新たな目標に向けて動き出した。数年内の本格運行を目指し、乗車会の会場である現在の常設軌道「明延線」(全長70メートル)とは別に、新たな路線「新明延線」(同約400メートル)を整備する計画を進めているのだ。明延鉱山を含む兵庫県中部の鉱山群が今年4月に文化庁の「日本遺産」に認定されたことが追い風となり、一円電車の完全復活は現実味を帯びてきた。(谷下秀洋)

日本遺産効果で大盛況

 日本遺産認定が決まった直後の5月3~7日に行われた体験乗車会は、親子連れら延べ2200人が訪れ、連日大盛況だった。

 今年は明延鉱山の閉山30年と一円電車の復活運転10周年の大きな節目の年。地元は記念切手を作り、旧鉱山を紹介した冊子「明延鉱山の一円電車」を発行するなど事前のPRにも力を入れていたが、何といっても4月28日に発表された日本遺産認定の効果が大きかった。

 体験会場には認定を祝う横断幕が掲げられ、初めて訪れた大阪府枚方市の小学5年、谷川承太郎君(11)は「一円電車は楽しい」と感想。「鉱石の道」明延実行委員会会長の小林史朗区長(58)は「連休は予想外のにぎわいでした」と感激していた。

念願の日本遺産認定

 日本遺産に認定された「播但(ばんたん)貫く、銀の馬車道 鉱石の道~資源大国日本の記憶をたどる73キロの轍(わだち)」は、養父市など6市町が共同で申請した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 旧鉱山の町、「一円電車」本格運行の夢 日本遺産認定が追い風となり実現へ
  • 旧鉱山の町、「一円電車」本格運行の夢 日本遺産認定が追い風となり実現へ
  • 旧鉱山の町、「一円電車」本格運行の夢 日本遺産認定が追い風となり実現へ
  • 旧鉱山の町、「一円電車」本格運行の夢 日本遺産認定が追い風となり実現へ
  • 旧鉱山の町、「一円電車」本格運行の夢 日本遺産認定が追い風となり実現へ
  • 旧鉱山の町、「一円電車」本格運行の夢 日本遺産認定が追い風となり実現へ
  • 旧鉱山の町、「一円電車」本格運行の夢 日本遺産認定が追い風となり実現へ
  • 旧鉱山の町、「一円電車」本格運行の夢 日本遺産認定が追い風となり実現へ
  • 旧鉱山の町、「一円電車」本格運行の夢 日本遺産認定が追い風となり実現へ

「産経WEST」のランキング