産経WEST

【ビジネスの裏側】近鉄ハルカスの仮想通貨は「本物」になれるか 9月に実験、5000円のプレミアム付き

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
近鉄ハルカスの仮想通貨は「本物」になれるか 9月に実験、5000円のプレミアム付き

近鉄グループホールディングスが導入する仮想通貨は、利用者のスマホと店舗のタブレット端末で簡単に決済ができる 近鉄グループホールディングスが導入する仮想通貨は、利用者のスマホと店舗のタブレット端末で簡単に決済ができる

 仮想通貨は、国家が価値が保証する日本円や米ドルなどとは異なる。代表格のビットコインは、システムの維持に必要な計算(マイニング=採掘)をして貢献した人に与えられる。その価値は、システムに参加する人同士の信用によって支えられている。採掘されたビットコインは市場で売買されて世界中に広がり、買い物にも使えるようになってきた。

 ビットコインは、日本国内ではインターネット通販をはじめ飲食店や美容室など5千店以上に普及。格安航空会社のピーチ・アビエーションが年内の導入を予定するなど広がりをみせている。

地域通貨と連携

 一方、ハルカスコインは、円を裏付けとしており近鉄グループが指定する場所なら必ず使えると保証している。実態は仮想通貨よりも量販店などが扱う電子マネーやポイント制度に近く、近鉄グループが5000円割引セールを行っているのと大きく変わらない。

 話題の「仮想通貨」導入は業績が伸び悩むハルカスのてこ入れ策にもみえるが、近鉄グループHDの吉田社長は「沿線の活性化」が狙いだと説明する。

続きを読む

「産経WEST」のランキング