産経WEST

性同一性障害の会員、スポーツクラブ利用で和解 京都、原告側は「勝訴的」と評価

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


性同一性障害の会員、スポーツクラブ利用で和解 京都、原告側は「勝訴的」と評価

 性同一性障害で女性への性別適合手術を受けた京都市の50代経営者が、男性としてフィットネスクラブを利用するよう求められ人格権を侵害されたとして、運営するコナミスポーツクラブ(東京都品川区)に慰謝料など約470万円の損害賠償を求めた訴訟は19日、京都地裁(伊藤由紀子裁判長)で和解した。

 和解条項は非公表だが、伊藤裁判長は和解勧告で「性自認に従った取り扱いを求めることは尊重されるべきだ」と指摘。原告側は「踏み込んだ内容で、勝訴的な意味合いは強い」としている。

 同クラブは「LGBT(性的少数者)の方に一層真摯(しんし)に向き合えるよう従業員を指導する」とコメントした。

 訴状によると、経営者は平成26年3月に性別適合手術を受け、手術前に利用していたクラブに男性用の更衣室以外を使えるよう配慮を求めたが、戸籍に応じた使用を要求されたとしている。

「産経WEST」のランキング