産経WEST

【高校野球】地方大会展望(2)昨夏覇者の栃木・作新学院、左腕大関の制球力に定評

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【高校野球】
地方大会展望(2)昨夏覇者の栃木・作新学院、左腕大関の制球力に定評

春の選抜大会で力投する作新学院の大関秀太郎投手=3月27日、甲子園球場(甘利慈撮影) 春の選抜大会で力投する作新学院の大関秀太郎投手=3月27日、甲子園球場(甘利慈撮影)

 【群馬】選抜大会ベスト8の高崎健康福祉大高崎と、昨夏代表で選抜大会にも出場した前橋育英が2強。高崎は機動力を駆使して畳み掛ける攻撃が圧倒的。前橋育英は総合力が高い。投手陣の踏ん張りがカギになりそうだ。

 【埼玉】今春の関東大会を制した浦和学院と、春の埼玉大会で準優勝した花咲徳栄が中心の争い。浦和学院は左腕投手の佐野が軸。攻撃面では蛭間、山本の巧打が光る。花咲徳栄は4番野村が打線を引っ張る。

 【千葉】選抜出場の東海大市原望洋や今春の千葉大会で優勝した専大松戸、準優勝の千葉敬愛が有力だが、混戦模様。望洋の金久保は制球力と駆け引きで勝負する。木更津総合の山下、中央学院の大谷ら好投手がそろう。

「産経WEST」のランキング