産経WEST

【関西の議論】「女湯をのぞいた生々しさ」京都でしか買えない写真集「銭湯熟女」…謎のモデルに突撃取材

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「女湯をのぞいた生々しさ」京都でしか買えない写真集「銭湯熟女」…謎のモデルに突撃取材

写真集「銭湯熟女~錦湯編~」の表紙を飾るモデルの湯毛さん。湯船に入ってくつろぐ艶めかしい姿を披露している 写真集「銭湯熟女~錦湯編~」の表紙を飾るモデルの湯毛さん。湯船に入ってくつろぐ艶めかしい姿を披露している

 だが、近年は若者の銭湯離れや風呂付き住宅の普及によって利用者が激減。京都でも、銭湯の数は昭和35~45年のピーク時(約600軒)の5分の1(128軒)にまで減少するなど窮地に立たされている。

 「なみまにさんかく」の2人はそんな現状に危機感を抱き、普段から銭湯でのフリーマーケットや風呂場でのライブ、釜場(ボイラー室)の見学ツアーなど目新しいイベントを企画。銭湯熟女の写真集も目玉企画のひとつだった。

 藍さんは「銭湯が盛り上がるように、面白い取り組みやイベントを今後もどんどん発信したい」と意気込む。

湯毛さんに突撃インタビュー

 写真集のおおまかな内容は分かっていただけただろうか。だが、やはり、謎めいた〝銭湯熟女〟の実態に迫るためには「突撃」が必要。湯毛さんに独占インタビューを試みた。

 --企画の打診を受けたときの率直な感想は

 「他に若くてかわいい人はたくさんいるのに、なぜ地味な湯毛なのかと思いました。本当にびっくりしました」

 インタビューで明らかになったところでは、湯毛さんは京都市内在住。プロのモデルではなく、普段は京都市内の会社に勤める派遣社員で、仕事帰りや休日に銭湯に足しげく通っている熱烈な銭湯ファンだった。

 --なぜ撮影を引き受けたんですか

 「『なみまにさんかく』さんに銭湯熟女ならば長いスパンで銭湯の魅力をPRできると話を聞き、気持ちが固まりました。銭湯のためならばと、文字通り一肌脱ぎました」

 --撮影はどうでしたか

続きを読む

このニュースの写真

  • 「女湯をのぞいた生々しさ」京都でしか買えない写真集「銭湯熟女」…謎のモデルに突撃取材

関連ニュース

「産経WEST」のランキング