産経WEST

【動画】強毒「ヒアリ」新たに100匹 哺乳類も襲う攻撃性、どう対処…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
強毒「ヒアリ」新たに100匹 哺乳類も襲う攻撃性、どう対処…

ヒアリを見つけても素手で触ってはならず、刺された場合は体調の変化に注意する必要がある ヒアリを見つけても素手で触ってはならず、刺された場合は体調の変化に注意する必要がある

前のニュース

 神戸・ポートアイランドにある神戸港のコンテナヤードで、強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」が新たに約100匹確認された。今後、ヒアリを見つけたらどうすればいいのか。もし刺されたどう対応すべきなのか。

ヒアリは「火蟻」

 ヒアリは漢字で「火蟻」と書くように、刺されるとやけどをしたときのような激しい痛みを伴う。このため環境省は見つけても決して素手では触らず、同省の出先機関である地方環境事務所や各自治体、保健所などに通報するよう呼びかけている。

 同省などによると、ヒアリは集団で小型の哺乳類も襲うなど攻撃性が極めて強く、腹部の先端にある毒針で刺されると強い痛みや発熱、激しい動悸(どうき)などの症状を引き起こす。毒にはハチ毒と同様の成分も含まれ、アレルギー反応によるアナフィラキシーショックを起こすと、意識を失い死に至ることもある。

 刺された場合は20~30分は安静にし、体調の変化に注意する。症状が軽ければ医療機関の受診は後からでも構わないが、容体が急変した際には救急車を呼ぶなど迅速に対応する必要がある。

 駆除には熱湯をかけるほか、市販の殺虫剤も有効。ただし、草地などにつくる直径25~60センチ、高さ15~50センチの蟻塚は地中深くまで達するため、完全に死滅させるには専門家の対応が不可欠だという。

次のニュース

強毒「ヒアリ」のニュース

強毒「ヒアリ」の写真

  • 強毒で死亡も 初確認の「ヒアリ」中国→神戸港→尼崎
  • 神戸港でヒアリ確認 目視で100匹
  • 「ヒアリ」100匹、舗装の亀裂に群れ 神戸港のコンテナヤード
  • 【動画】強毒「ヒアリ」 女王アリや卵は確認されず…神戸港で新たに100匹
  • 【動画】強毒「ヒアリ」新たに100匹 哺乳類も襲う攻撃性、どう対処…
  • 強毒「ヒアリ」捕獲へトラップ450個 「ヤード外広がっていないか」神戸市調査

関連トピックス

「産経WEST」のランキング