産経WEST

【動画】強毒「ヒアリ」 女王アリや卵は確認されず…神戸港で新たに100匹

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
強毒「ヒアリ」 女王アリや卵は確認されず…神戸港で新たに100匹

強い毒を持つ「ヒアリ」が見つかったポートアイランドにある神戸港のコンテナヤード(手前)=18日午後1時45分、神戸市中央区(本社ヘリから、恵守乾撮影) 強い毒を持つ「ヒアリ」が見つかったポートアイランドにある神戸港のコンテナヤード(手前)=18日午後1時45分、神戸市中央区(本社ヘリから、恵守乾撮影)

前のニュース

 神戸・ポートアイランドにある神戸港のコンテナヤードで、強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」が新たに約100匹見つかった問題で、神戸市や環境省によると、確認された約100匹を殺虫剤で駆除したところ、卵や産卵能力をもつ女王アリなどは見つからなかったという。18日に対策本部を設置した神戸市は、付近住民に注意を促すチラシを配布するなど警戒態勢を強めている。

 住宅街への影響については、新たにヒアリが見つかったコンテナヤードとは約2キロの距離があるため、神戸市は現時点で「安全は確保されている」と説明。ただ、「万が一のため、徹底駆除する」としている。また、コンテナヤードでは女王アリがいる巣ができる可能性は低いとしている。

 ヒアリは5月に神戸港へ到着した貨物船に積まれていたコンテナから、国内で初めて発見。今回確認された地点はコンテナが一時保管されていた場所から20~30メートル離れていた。

 神戸市や環境省によると、コンテナは5月20日に中国・広州市の南沙港から神戸港に到着した貨物船に積まれており、25日までコンテナヤードで保管。その後、26日に兵庫県尼崎市で積み荷を取り出す際に数百匹のアリが卵や幼虫とともに見つかり、鑑定の結果、今月9日にヒアリと判明した。

続きを読む

強毒「ヒアリ」のニュース

このニュースの写真

  • 強毒「ヒアリ」捕獲へトラップ450個 「ヤード外広がっていないか」神戸市調査

「産経WEST」のランキング