産経WEST

【将棋・動画】藤井四段が27連勝 歴代1位まであと1勝 次は21日「気負わず自然体で指したい」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【将棋・動画】
藤井四段が27連勝 歴代1位まであと1勝 次は21日「気負わず自然体で指したい」

27連勝を達成した藤井聡太四段=17日午後、大阪市福島区・関西将棋会館(柿平博文撮影) 27連勝を達成した藤井聡太四段=17日午後、大阪市福島区・関西将棋会館(柿平博文撮影)

前のニュース

 昨年12月のデビュー以来、連勝記録を更新中の将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)は17日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた朝日杯将棋オープン戦予選でアマチュアの藤岡隼太(はやた)さん(19)に勝ち、公式戦連勝記録を「27」に伸ばした。神谷広志八段(56)が昭和61~62年度につくった最多連勝記録「28」まであと1勝に迫った。

 デビューから半年で将棋界の大記録に挑む藤井四段。次は21日、王将戦予選で澤田真吾六段(25)と対戦する。

 過熱する藤井フィーバーを反映し、混乱を避けるため例年一般の将棋ファンも観戦できた朝日杯の対局が今年は非公開に。この日も大勢の報道関係者が詰めかける中、藤井四段は落ち着いた表情で対局に臨んだ。前回の持ち時間各6時間の順位戦とはうってかわって今回は持ち時間各40分の早指し戦。東京大1年で今年の学生名人、藤岡さんにプロの力を見せて圧勝した。

 藤井四段は「終始攻める展開になったので、早指しの将棋としてはうまくいったと思う」と対局を振り返り、最多タイ記録まであと1勝に迫ったことについては「ここまで連勝できて、非常に幸運。澤田先生は強敵。気負わず自然体で指したい」と話した。

次のニュース

最年少プロ棋士 藤井聡太のニュース

このニュースの写真

  • 【将棋・棋王戦】神の子は負けない…藤井聡太四段、デビュー後20連勝 決勝トーナメント進出
  • 【将棋・棋王戦】神の子は負けない…藤井聡太四段、デビュー後20連勝 決勝トーナメント進出
  • 【将棋・棋王戦】神の子は負けない…藤井聡太四段、デビュー後20連勝 決勝トーナメント進出

関連トピックス

「産経WEST」のランキング