産経WEST

「小学生からウイルス作成」大阪・高槻の中3男子を家裁送致…「感染パソコンの動画みて興味」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「小学生からウイルス作成」大阪・高槻の中3男子を家裁送致…「感染パソコンの動画みて興味」

 身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」を作成したとして、不正指令電磁的記録作成などの疑いで神奈川県警に逮捕された大阪府高槻市の中学3年の男子生徒(14)が「小学校高学年の頃からコンピューターウイルスを作っていた」と供述していることが16日、捜査関係者への取材で分かった。

 横浜地検は15日、同じ容疑で横浜家裁に送致。家裁は同日、2週間の観護措置と大阪家裁への移送を決定した。

 捜査関係者によると、男子生徒は「(動画投稿サイト)ユーチューブでウイルス感染したパソコンが異常な動作をする動画をみて興味を持った」と供述。さまざまなウイルスを作成するようになったという。

 逮捕容疑となったランサムウエアは、複数の無料の暗号化ソフトなどを組み合わせて約3日で自作したが、金銭が目的ではなく「自分の知名度を上げたかった」と話している。

 男子生徒は1月にランサムウエアを作成し、パソコンに保管したとして今月5日に逮捕された。

▼【関連ニュース】スマホも狙う「ランサムウエア」 セキュリティー市場3400億円…防衛費、中小企業は悲鳴

「産経WEST」のランキング