産経WEST

【将棋・動画】26連勝の藤井四段「負けてしまったと思った」 二転三転の激戦制す

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【将棋・動画】
26連勝の藤井四段「負けてしまったと思った」 二転三転の激戦制す

順位戦で勝利した藤井聡太四段=15日午後、大阪市福島区の関西将棋会館(奥清博撮影) 順位戦で勝利した藤井聡太四段=15日午後、大阪市福島区の関西将棋会館(奥清博撮影)

前のニュース

 デビュー以来負けなしの快進撃が続く将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)は15日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた順位戦C級2組の対局で瀬川晶司五段(47)に勝ち、公式戦連勝記録を「26」に伸ばした。神谷広志八段(56)が持つ最多連勝記録「28」まであと2つに迫った。

 順位戦は名人戦の予選にあたるリーグ戦で、5クラスに分かれる。C級2組は一番下のクラスで名人挑戦までは最短で5年かかる。

 藤井四段にとっては、この日が初の順位戦。トレードマークの青いリュックサックではなく、黒いリュックを手に対局室入り。詰めかけた報道関係者に動じる様子も見せず、午前10時、持ち時間各6時間の長丁場の戦いが始まった。

 相手は、サラリーマンから編入試験を経てプロ棋士になり、話題を呼んだ瀬川五段。快調なペースで指し手が進んだが、昼食休憩後、攻めに出た瀬川五段の一手に、藤井四段の手が止まる。控え室の棋士らからは「どう受けても形勢を損なう」と声があがった。

https://www.youtube.com/watch?v=sY5E8iuGF6o

 ここで藤井四段はデビュー後最長となる76分も使って長考。次の手を境にじわじわと挽回し、優勢に。最後は双方にミスがあり、形勢は二転三転したが、藤井四段が激戦を制した。

続きを読む

最年少プロ棋士 藤井聡太のニュース

このニュースの写真

  • 【将棋】14歳プロ棋士藤井、快進撃止まらず 16連勝に記録更新 新人王戦ベスト8に進出

関連トピックス

「産経WEST」のランキング