産経WEST

【熊本地震】御船町議が2つの義援金集め口座、「被災者用」と「私用」 町政倫審「被災者に使われた事実なし」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【熊本地震】
御船町議が2つの義援金集め口座、「被災者用」と「私用」 町政倫審「被災者に使われた事実なし」

 熊本県御船町の政治倫理審査会は、熊本地震後に田上忍町議(59)が被災者支援として義援金を集めたのは町の政治倫理条例に抵触するとした上で、使途も不明だとして調査し「義援金が被災者のために使われた事実は認められない」と結論づけた。13日、政倫審の調査報告書で分かった。

 報告書(1日付)によると、田上町議は地震直後にブログに「被災者に使ってほしい場合」と「田上個人で使ってほしい場合」の二つの口座の送金先を掲載。問題視した住民の請求を受けて政倫審が調査した。

 田上町議は「被災者用」の口座には今年7月までに計約81万円が集まり約18万円を復興バザーに出品する野菜購入に充てたとし、「個人口座に集まった10万円未満は自宅の修復に使った」と説明した。

 しかし政倫審が求めた個人口座の通帳の写しは出さず、被災者用口座も詳細を黒塗りにして提出。報告書は「公選法違反などに当たる可能性もある」と指摘した。

 田上町議は取材に、被災者用は「支援物資を運ぶ車の燃料代などにも使ったが、私的には使っていない」と話した。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング