産経WEST

砂浜に小型のクジラ「ユメゴンドウ」7頭 宮崎市で打ち上げ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


砂浜に小型のクジラ「ユメゴンドウ」7頭 宮崎市で打ち上げ

 宮崎市の宮崎空港に近い海岸で10日、小型のクジラ「ユメゴンドウ」7頭が砂浜に打ち上げられているのを海洋生物保護活動に携わるNPO法人メンバーが見つけた。体長はいずれも2メートルほどで、発見時に一部は生きていたものの、その後全て死んだのが確認された。

 NPOのメンバーでクジラの生態に詳しい宮崎大教育学部の西田伸准教授(40)は「これだけの数のユメゴンドウが日本でまとまって打ち上がるのは珍しい」と話している。打ち上げられた原因などを国立科学博物館(東京都)の研究者らと共に調べる。

 9日夜、砂浜でウミガメの産卵調査をしていたメンバーが1頭を発見。その場で海に戻したが、10日朝になって7頭が打ち上げられているのが見つかったという。

「産経WEST」のランキング