産経WEST

【将棋】14歳・藤井四段が24連勝 歴代2位タイ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【将棋】
14歳・藤井四段が24連勝 歴代2位タイ

前のニュース

 将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)は10日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で行われた叡王戦の予選で梶浦宏孝四段(21)に勝ち、自身の持つデビュー以来の公式戦連勝記録を「24」に更新した。全体の連勝記録でも丸山忠久九段(46)と並ぶ歴代2位タイとなった。

 今期からタイトル戦に格上げされた叡王戦予選は段位別にトーナメントで行われ、持ち時間は各1時間。同日夜には同予選2局目の対局も行われる。

 藤井四段は昨年10月、史上最年少の14歳2カ月でプロデビュー。12月のデビュー戦で現役最高齢の加藤一二三・九段(77)を破って以来勝ち続け、今年4月4日にはデビュー後11連勝の新記録を達成。その後も快進撃を続けている。公式戦最多連勝は昭和61~62年度に神谷広志八段(56)が記録した「28」。

次のニュース

最年少プロ棋士 藤井聡太のニュース

このニュースの写真

  • 【将棋・棋王戦】終盤の強さで20連勝決める 藤井聡太四段、謙虚に「僥倖です」
  • 【将棋・棋王戦】終盤の強さで20連勝決める 藤井聡太四段、謙虚に「僥倖です」
  • 【将棋・棋王戦】終盤の強さで20連勝決める 藤井聡太四段、謙虚に「僥倖です」
  • 【将棋・棋王戦】終盤の強さで20連勝決める 藤井聡太四段、謙虚に「僥倖です」
  • 【将棋・棋王戦】終盤の強さで20連勝決める 藤井聡太四段、謙虚に「僥倖です」
  • 【将棋・棋王戦】終盤の強さで20連勝決める 藤井聡太四段、謙虚に「僥倖です」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング