産経WEST

【福岡・母子3人殺害】無理心中偽装、準備不十分か…練炭ある1階台所に目張りなく 現場検証

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【福岡・母子3人殺害】
無理心中偽装、準備不十分か…練炭ある1階台所に目張りなく 現場検証

母子3人の遺体が見つかった住宅=7日午前、福岡県小郡市 母子3人の遺体が見つかった住宅=7日午前、福岡県小郡市

前のニュース

 福岡県小郡市の住宅で殺害された母子3人の遺体が見つかった事件で、練炭のようなものが見つかった1階台所に目張りがされていなかったことが8日、分かった。県警は、台所で倒れていた母親、中田由紀子さん(38)の遺体のそばに犯人が練炭のようなものを置き、無理心中の偽装をしたが、十分な準備をする余裕はなかったとみている。県警は自宅の現場検証などを踏まえ、台所は一定の広さがあり、少なくとも目張りをしないと一酸化炭素(CO)中毒死にはならないとしている。

■妻の首に圧迫あと

 6日午前9時20分ごろ、近くに住む中田さんの姉が訪ね、中田さんの遺体を発見、110番した。司法解剖の結果、首を圧迫されたことによる窒息死の疑いがあり、同0時ごろから同9時ごろまでの間に死亡したことが分かった。頭部には燃えかすのようなものが付いていた。

 中田さんの姉が「妹が自殺した」と県警に説明したこともあり、県警は当初、無理心中の疑いがあると判断。司法解剖などの結果を踏まえ、7日に殺人事件と断定し捜査本部を設置した。姉は練炭のようなものを見て無理心中と思い込んだとみられる。

続きを読む

福岡・母子3人殺害のニュース

このニュースの写真

  • 【福岡・母子3人死亡】首に絞められた痕…殺人事件として捜査 「無理心中」一転 県警小郡署に捜査本部

「産経WEST」のランキング